まわりみち(仮)

迷子ともいうけどキニシナイ

【大相撲】今さらの1月場所雑感

明日には三月場所。今さらですが、1月場所の雑感を書き残し。

栃ノ心

終わってみれば栃ノ心、悲願の初優勝! 鶴竜の大失速により優勝がグッと近づいてもなお、負ける気がしなかった。

土俵溜りで待てば鬼の形相!赤みを帯びた身体!立合い前にこんなみなぎる力士だったけ?

鶴竜に敗れた以外は取りこぼしナシ。 吊り出しなどの力技は今までの栃ノ心だったけど、今場所は粘り強さが加わって強かった。

13日目の対逸ノ城戦。 角界のヘビー級マッチ。この結果次第で、栃ノ心の優勝がみえてくる山場だとにらんでいました。

うわぁ、右四つから動かねえ...。こう着しながらも、栃ノ心が逸ノ城の上手を切る→ジリジリ寄り切り。この一番をモノにしました。

怪力・巨体の逸ノ城とまともに組むと、スタミナ切れで負けるパターンがよくある。そんな相手でも、上手を切って突破口を見いだした栃ノ心。この一番には粘り強さを感じました。

まさか、平幕優勝力士が出るとは予想だにしなかったな。関脇で迎える三月場所が楽しみです。

鶴竜

今場所は優勝だろうと疑う余地なしだったのに。11日目からまさかの4連敗。苦手の玉鷲相手に、なぜそこで引いてしまう...。

  • 12日目の遠藤にも...。
  • 13日目の御嶽海にも...。
  • 14日目の高安にも...。

リプレイを見てるような負けっぷり。悪いクセを繰り返してちゃいけません。

11日目までの相撲ができていれば。優勝できたかもしれない。そこに精神面のモロさがある、ワンコなのでした。

逸ノ城

去年の11月場所から復調の兆しがあったけど、1月場所はついに!怪力復活です。

序盤は大関豪栄道横綱白鵬鶴竜に敗れて出遅れるも、平幕相手には一撃必殺で白星量産。

強烈な...

  • のど輪(6日目・玉鷲戦)
  • 張り(7日目・高安戦)
  • 小手投げ(9日目・阿武咲戦)
  • 突き(10日目・貴景勝戦)
  • はたき(11日目・北勝富士戦)

と自慢の腕力を存分に発揮していました。特に驚いたのが12日目・対嘉風との一番。

懐に潜られると侮れない相手...をのど輪から、ぐいっと左腕を押し付ける!これには嘉風もたまらず土俵へ尻もち。あまりにも豪快な押し倒しにがく然としてしまいました。

1月場所を10勝5敗と二桁勝利で終えた逸ノ城。三月場所は小結に昇進して迎えることになります。明日から豪快な相撲を見せてくれい!

竜電

大怪我から幕内に這い上がってきた竜電。1月場所は勝ち越しを願っていました。終わってみれば、初入幕で二桁勝利&敢闘賞。想像以上の活躍でうれしいね。

出足の早い立合いと、長身なのに低い腰で寄っていくor前に出て押していく。堅実な攻めが光っていました。

13日目の宝富士戦では、苦戦をしながらも勝利をモノにしました。個人的に印象に残る一番です。竜電の諦めない相撲を見ることができました。

立ち会いで宝富士に得意の左を差される 苦しい展開。さすがにこれは厳しいか...。ここから竜電が腕をうまく使って差し手争い→もろ差し→小手を振りつつ相手に揺さぶりをかけて反撃。

最後は頭をつけて、渾身の寄り切りで勝利をもぎ取りました。前頭上位の相手でも、やれることは全てやる。そんな辛抱強さにグッときます。

来場所は前頭9枚目からのスタートです。鋭い立ち会いと、諦めない相撲に期待してるぜぃ。

大相撲初場所、中日までの振り返り(2018年)

初場所の中日が終わりました。

2横綱の休場

白鵬稀勢の里の2横綱が休場してしまう波乱の場所に。

白鵬は問題になっていた「カチ上げ張り手」をしなくなったからか、それに代わる立合いを見出せてないよう。場所前に痛めた右足親指の影響で、踏ん張れずあっさり崩れるわ、左足親指も痛めるわで、いいところないまま休場。

稀勢の里は...古傷が治りきっていないのか、下半身の稽古不足なのか、五日目にして1勝4敗。まともな相撲が取れない。六日目の休場発表を聞いて「あぁ、そうだよな」と納得してしまうほどです。このまま短命横綱で終わってしまうのか...心配です。

絶好調の横綱鶴竜

2横綱がいなくても、今場所の横綱鶴竜は強いこと強いこと。無傷の8連勝で折り返し。身体が万全なのか、出足が早く積極的な攻めが光っています。このままの勢いで優勝できれば、横綱としての意地を示すことができそう。

明暗分かれる三役

三役は関脇の御嶽海が好調で7勝1敗。後半の優勝争いに絡んでいけそうです。

大関豪栄道高安は5勝3敗と白星先行。引きグセが目立つ豪栄道、とりこぼしがある高安とやや不安が残ります。

小結の阿武咲は4勝4敗とトントン。不調なのが関脇の玉鷲(3勝5敗)と、新三役・小結の貴景勝(2勝6敗)。

貴景勝稀勢の里玉鷲に勝利したきりで白星に恵まれません。これも三役で戦う難しさなのか...

推し力士たちの戦績など

場所前に対白鵬期待の力士にあげた、北勝富士逸ノ城ですが...苦戦しています。

北勝富士白鵬に勝利で沸いたものの、2勝6敗と負け越しの危機が。

逸ノ城は4勝4敗とボチボチ。白鵬鶴竜に根負けした悔しい二番があったり。一方で怪力で高安を下手投げしたり、巨体で御嶽海を圧倒したりと強さも見せています。うまくいけば勝ち越せるかも。

注目している新入幕の竜電。5勝3敗と好調です。初日に錦木を豪快な上手投げで破って、幕内初白星と幸先よいスタート。二日目から3連敗したのち、五日目から石浦豪風豊山→琴勇輝と4連勝。

身長189cmの恵まれた体格と、長い手足を活かした相撲はパワフル。投げ、押し、寄りと偏りない攻めは頼もしい。目指せ勝ち越し!

不祥事は続くよ

headlines.yahoo.co.jp

横綱H富士の暴行、セクハラ立行司に続いて、今度は大砂嵐無免許運転で事故とか...また協会や部屋の指導力がやり玉に挙げられそう。

ラスボス撃破の勇者、北勝富士!

北勝富士白鵬から金星━(゚∀゚)━!

横綱の攻めを見事な反応で交わし、前へ前へ攻める相撲が功を奏しましたっ。初場所3日目にして、ラスボスを破る勇敢な力士が現れました。少し遅れて1勝だけど、北勝富士はこの調子で二桁勝利を目指してほしいね。

心配な稀勢の里。もっと心配な照ノ富士

3日目で早くも2敗目の稀勢の里逸ノ城には2場所連続で金星配給しちゃうし。今場所も雲行きがあやしくなってきた...とほほ。

照ノ富士が休場することに。来場所は十両陥落の可能性も。膝の悪化と思いきや「糖尿病」の診断のため、と聞いてびっくり。今後の病状が心配だ...

平成三十年初場所。求む!打倒ラスボス!生き残れ竜電!

今日から大相撲初場所が始まります。

日馬富士の暴行事件に端を発した角界の騒動が尾を引いています。おまけに立行司のセクハラ問題で、結びの一番は立行司がいない! 相撲協会が辞退してしまい、天覧相撲は見送り。

相当ざわついている中での場所になります。

打倒ラスボス!出でよ勇敢な戦士たち

今年も全6場所で願うこと。ラスボス白鵬を倒す勇敢な戦士たちの誕生...いつもコレ願ってるんだけどね。

久しぶりの和製横綱稀勢の里はケガしてから、まともな相撲が取れないまま。今場所は最後まで出場できるかどうか。

アクロバティックな取り口で沸かせた宇良は負傷した膝の手術で今場所も休場。去年の勇者候補たちは残念な現状...。

先場所に二桁勝利した貴景勝北勝富士逸ノ城の3人に頑張ってほしいところ。勇敢な力士たちよ、ラスボスを倒す相撲を見せてくれー!

竜電、悲願の幕内昇進

先週の「おはよう日本」で、デーモン閣下が期待の力士のひとりに竜電関をあげていました。

新十両で迎えた2012年の九州場所で股関節骨折の大怪我。十両から序の口まで陥落した苦労人だったそうです。

そこからあきらめずに奮起し、5年を経て2017年の九州場所十両2枚目で勝ち越し(8勝7敗)。今場所から悲願の幕内入りを果たしました。

遅咲きの27歳で迎える初場所。竜電のいきさつを知ってしまったら、応援したくなります。幕内に残れるような相撲を取ってくれー!

2018年1月の通院記。箱根麦神の閉店。

二ヶ月に一度の通院日。

いつもどおり気乗りしないが仕方ない。幸いなのが1月なのにポカポカ陽気なこと。最高気温18度とか信じられない。長袖シャツにパーカーで十分暖かいのはとても助かる。

川崎から小田原まで片道約1時間のドライブ。そこまで混んでいなくて快適だった。病院に到着→受付→受診→診察終了までのべ30分。検査がないと早い。

先生から血圧を下げる薬の増加と、次回の通院は血液検査・肺活量・レントゲンによる検査三点セットを受けるよう言われました。今度は終わるのにちと時間がかかりそうだ。とほほ。

箱根麦神、閉店の悲報

帰りに麦神のパンでも買ってかえろう。と思って、店舗の駐車場に入ったら...あれ? 燻製屋になってる\(^o^)/

以前にクロワッサンの食レポをしていた店です。

調べてみたところ、2017年5月5日の時点で既に閉店していた模様。あぁもう、湘南小麦が香るクロワッサンが食べられないというのか。ちくわパンも焼きそばパンも...ショックだぁぁ!

日記続けられるなら、ブログも?

去年の年末年始から、とりあえず何日間かブログの記事を更新してる。日常ネタ、時事ネタ、ソシャゲ戦績など、身の丈にあった話題を書いていく。それがいまの目標。

日記のやり始めのころは「継続なんてムリ」と思っていた。気がつけば今年で4年目に突入。習慣化さえできれば(多少つたなくても)文章は書けちゃうんだよね。

ならブログでもやれるんじゃない?
というわけで、今日も更新できました。毎日更新は頭にないので、そのうち途切れるかもだけど(笑)

2018年1月7日の闘技場:戦績など【Hearthstone】

ハースストーンの闘技場に挑む。

闘技場

参加料150ゴールド(課金なら230円)。最初に3つの選択肢からヒーローを1人選ぶ。次にランダムに選ばれたカードを三者択一。これを30回繰り返してデッキを構築する。俗に言う「ピック」という作業。

強いカードをピックできるかどうかは運しだい。カードの知識やプレイングの経験値もいるかも。

3敗するまで何回勝てるか。勝てば勝つほどパック、魔素、ゴールドをたくさんもらえる。目指せ最大12勝!

1回目の挑戦

1回目はウォーロックを選択。強力な「奈落の始末屋」「ボーンメア」「破滅!」をピックできたおかげで3勝3敗。

出典: 奈落の始末屋/Abyssal Enforcer - ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC

出典: ボーンメア/Bonemare - ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC

出典: 破滅!/DOOM! - ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC

2回目の挑戦

2回目はパラディンを選択。「恐竜化」くらいしかうまいピックができず、あっさり3連敗。普段から使い慣れてないヒーローを選んだのがミスだった。

出典: 恐竜化/Dinosize - ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC

報酬

報酬は2カードパック(コボルトと秘宝の迷宮)、25ゴールド、40魔素。参加費300ゴールドの元を取れたかは微妙なところ。

もらったパックを開封したら、まさかの当たり。

ウォーロックのエピックカード「ヴォイドロード」

出典: ヴォイドロード/Voidlord - ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC

ハンターのレジェンドカード「キャスリーナ・ウィンターウィスプ」

出典: キャスリーナ・ウィンターウィスプ/Kathrena Winterwisp - ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC

エピックは10パックに1枚。レジェンドは20パックに1枚。たまたま運が良かったようだ。次も闘技場に挑むため、参加費を稼ぐよ。