読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まわりみち(仮)

迷子ともいうけどキニシナイ

とんでもない聞き間違い

ちゃんと話を聞いてるつもりが、とんでもない聞き間違をしていた!そんな経験って結構あるものですよね。

これから話すのは、とある家庭の長男が犯した聞き間違いの一部始終です。

おいわけ(追分)まんじゅう

登場人物
母:突っ込み上手
長男:まじめだが天然
長女:ショッピング好き
次男:母以上に突っ込み上手

川崎市内某所の家庭で、長女がお土産のおいわけまんじゅうを買って帰宅しました

長女
ただいま〜。これ、おみやげ〜
何買ってきたの?ん、おまんじゅうか。
長女
そう。これ「おいわけまんじゅう」ってまんじゅうなんだよ。おいしいんだって〜
長男
えっ!「おいろけまんじゅう」だって!?

(゚Д゚)ハァ?

長女
お兄ちゃん、すごいウケル聞き間違いしたね!おもしろいから、知り合いに言ってみよう〜(笑)
お色気って・・・あったら卑猥なまんじゅうね(笑)
次男
兄者〜いったい何を聞いてたんだよ!またやらかしたな ( ̄ー ̄)ニヤリッ
長男
え、いやさぁ、そう聞こえたんだって〜。なんてまんじゅうなの?
長女
だからぁ。「おいわけ」まんじゅうだって。追うに分けるの「追分」ダヨ。
長男
あぁ、そうだったのかよー!orz

言うまでもなく、管理人の聞き間違いです。名物まんじゅうを卑猥なまんじゅうにしたので、家族から総突っ込みを食らったわけです。

ともあれ、聞き間違いにはご用心ですな。気をつけてもまたやらかしそうですが…。

広告を非表示にする