まわりみち(仮)

迷子ともいうけどキニシナイ

The Interviewsをやってみた:雑感

Twitterやはてぶで話題になってるThe Interviews。やり始めたばかりですが、雑感をちょいと紹介します。

The Interviews
http://theinterviews.jp/

インタビューをする/されるWebサービス

このThe Interviewsは登録無料で、気になった相手に質問をする or 誰かからの質問に答えるというWebサービス

特徴的なのが質問された時、誰から質問されたのか分からないという点だと思います。見方を変えれば、質問する側は匿名で投稿できるってことになるね。

インタビューにスポットを当て、質問者は匿名が守られる。今までにはなかったWebサービスだと思う。

質問者と回答者のウエイト

質問者

おそらく、質問する方が楽で面白いと思う。

質問者=匿名。

質問者が誰かわからないから、知りたいことを遠慮なく聞ける。 Twitterのような文字数制限はない。ブログのコメントとも違う。相手に抱く興味を直接聞けるというのが面白い。

質問をしたら、あとは相手の回答を待てばいい。聞きたいことさえあれば、積極的に聞ける。

回答者

まともな質問であれば、質問者の意図を考える楽しさもあるだろう。あと、自分のことを知ってもらえる機会もここにある。もちろん回答が前提だけどね。

ちなみに僕はまだ質問を受けてないです。ここから先は僕の想像による回答者の考察です。

回答者の負担・覚悟

思い当たるのが、意図の読めない質問 or 悪意のある質問をうける可能性です。

匿名の質問者は聞きたいだけ聞ける。それだけおかしな質問も受けるんじゃないかと思う。

スルー能力があれば、答えたくない質問は無視で問題ない。ただ、まともじゃない質問が多くうんざりするユーザーも出てくるかもしれないなぁ。

ともかく、答える方の負担は多いと思う。ひっきりなしに質問が来れば、回答も忙しくなるだろうし。

それでも構わん!答えて答えて、自分を知ってくれたら幸い。そんな覚悟がひょっとしたら必要かも。

質問に気を使ってみる

僕的には質問の方が苦手です。

  • 回答しやすい質問だろうか?
  • 意図は伝わっているか?
  • 質問する必要のある内容か?

など、どうも気を使ってしまう。回答者の負担を思うと、少しでも答えやすい質問が良いかな、と考えちゃうな。

聞きたい気持ちもわかる。けど、少し答える人に配慮しても良いんじゃないかと僕は思うね。回答を求めるなら、良き質問者でありたいところだ。

ちなみに、質問もしました。なるべく丁寧に書いたつもりが、少し冗長になってしまった。まだまだ質問下手です。要改善!

おわりに

The Interviewsは面白いサービスだ。けど、聞き手は楽で、答える側の負担は大きい。そんな印象を感じました。個人的には少し回答者を配慮した方がいいかな、という雑感でした。

あと、僕のインタビュー先は以下です。
http://theinterviews.jp/platypus0830

広告を非表示にする