読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まわりみち(仮)

迷子ともいうけどキニシナイ

脱、活字離れー図書館を活用だ!

はずかしながら、自身は年に10冊も読んでない。活字離れだ。そんな僕でも活字に強制的にふれる方法をみつけました。

そう。図書館です。

無料で本にふれられる

全国にあるうえに、登録さえすれは無料で借りられる。本を買うととお金がかかるし、読まずに積読するのはもったいない。なら、図書館で借りてしまった方が安あがりだよね。

読書をさせる貸し出し期限

もうひとつの特徴は「貸し出し期限の強制力」借りたら2週間後には返さないといけない。

買っても読書できるじゃないか。そう突っ込まれるだろう。でも買った本ってわりと積読されるパターンが多い。

本という「モノ」に執着したらダメ。本は、本から得られる何かこそが重要――それが、知識だったらバッドノウハウだったり、楽しい時間だったり←以前のわたしはこれに気づいていなかった。本のコストは銭が全てだと考えていた。本当は、「本から得られる何か」を得ていない時間と空間の全部がコストになるにもかかわらず、買えば全てだと考えていた。おかげで莫大な「買っただけで満足した本の山」に埋もれて自己満足に浸っていた。 

ブログ:わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる「本を探すのではなく、人を探すから」引用。

理由は上の引用がおしえてくれる。買って満足してしまうってこと。読まなければ時間・場所・お金がムダになるしね。

だったら、貸出期限に読書を強いられた方が積読よりマシ。2週間以内に読み切る計画を立てて読んでいく。いいかえれば、一日のなかで活字にふれる時間をつくれるってこと。

図書館による読書サイクル

読みおわる→次に読む本を借りる→読みおわる・・・。この「読書サイクル」をやることで本との出会いがうながされる。

「貸し出し期限」。そのおかげで、常に「その本はいま読むべき/読みたいものなのか」を念頭において毎日リストを更新し続けている。要は、どんどん借りて、どんどん読むやね。読みきれないなら見捨てるか次のターンで再挑戦するか考えてリストを組み立てる。

ブログ:わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる、の「本を探すのではなく、人を探すから」引用。

図書館で多読を繰り返す、つまり多くの本にふれる方法だね。なかには読むのに苦労するモノもあるけど、借りるのをやめるか再度借りればよい。読書サイクルを続けることが活字にふれる習慣だ。

まとめ

では、まとめ。買って読まないなら、タダでしかも読書時間をつくる図書館を使おう。例え2週間/1冊なら1ヶ月に2冊。12ヶ月=一年に24冊。この量なら活字離れにはならないよね!

広告を非表示にする