まわりみち(仮)

迷子ともいうけどキニシナイ

2012年を振り返る

2012年も終わりを迎えようとしています。ロンドン五輪メダルラッシュプロ野球では金本、小久保、松井と一世を風靡した名選手が次々に引退を表明。これと言って成果を残さずに、民主政権が終わってしまいました...。世間ではイロイロありましたが、自分にとっての2012年を振り返ります。

Twitter繋がりの強化

去年までは独り言ばかりなTwitterでした。しかし、今年は積極的なリプライと緩い「部活」に加入し、フォロワーとの関わりが多くなりました。ブログからフォローを決めたというフォロワーがいたりで、驚かされました。

Twitterの部活

部活は「いえ部」に所属していて、家でマッタリするのが好きな人の集まり。細かい約束事もなく、部員同士会話をしたりで親睦を深めている

最初は緊張気味で大人しくしていたけど、絡みスキルが高い面々で、素のキャラを見抜かれたり...。何気無いツイートでも、意外な感想やツッコミが入ったり。TL上で1人つぶやいて終わることが少なくなった。そういえば、かものしんってあだ名つけられてたな...w

あと、部員とオフ会もしました。会うまでに緊張したけど、話してみるとTwitterとキャラと変わらなかった。会話して食事しただけだったけど、Twitterから人脈を広げていくことが可能であると学んだ瞬間だったね。

ブログからのフォロワー

フォロワーさんで、親しくなってFB繋がりまで発展した知り合いがいます。話してみると、僕の病気のことや在宅勤務のことを知っていた。理由を聞くと「ブログを読んで知ったよ」と言われてポカーンとしてしまった。

大したことない自己満足なブログでも、読んでる人がいるんだなーと、感謝しっぱななし。読んで、そこからつながりが生まれることもあるし...てかもっと更新しろよって話だよなw

読書量の増加

去年は10冊未満と読書してると言えない数値でした。今年は図書館を使い始めたことで、50冊以上読むことができました。詳しくは今年はこんな本を読みました!をどうぞ。

振り返ってみると、図書館で借りたからこそ多くの本を読めたと実感しています。返却期限という強制力が読書を習慣づけてくれたと言えます。返却時に開架にある本に目が止まって、つい借りてしまうくらいです。

最近はネットと図書館の連携が発達していて、iPhoneの図書館日和から数タップで図書の予約ができたりします。Amazonで気になる本→カーリルor図書館日和で蔵書確認→予約貸出という図書館の利用はラクですね。

来年に向けて

Twitterと読書に関しては充実した一年でした。一方で英語の勉強や、ブログの更新、仕事関連のアウトプットがイマイチできなかった。来年度の改善点として取り組んでいきたいところです。

広告を非表示にする