読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まわりみち(仮)

迷子ともいうけどキニシナイ

あのときも強かった。台風19号。

台風19号...最強レベルとか言われてて、戦々恐々です(((( ;゚Д゚)))) そういえば、あのときの恐怖体験も19号だったな...

23年前、当時は福岡に住んでいました。両親がいうには、イタズラばかりして親に叱られてたカモくん時代だそうです。そんな91年の9月27日。ヤツはやってきました...。

平成3年台風19号

非常に強い台風で

中心気圧940hPa 最大風速:秒速50m 暴風域:半径300km

デカイ勢力のまま本州と北海道を縦断したそうです。福岡に上陸したときの気圧が940hPaという強さでした。(ちなみに、北海道に上陸したときは950hPaだったそうです)

うちでは雨戸をぜんぶ閉めて、植木鉢や自転車もしまい込んで台風に備えていました。カモくんはというと...

学校、休みになったと!おうちにいられる!( ゚∀゚)♪

とはしゃいでしました。妹ときゃっきゃっ遊ぶ元気さです。

15時くらいから雨が強くなってきて、16時になると風の音がしてきました。夕食が終わった18時頃には、窓からビュウゥゥゥ!ゴォー!グゴォー!ガタガタガタ!と恐ろしい音がし始めました。

母にしがみついて泣きそうな妹。さっきまで兄と遊んでた元気はすでになくなっていました。兄であるカモくんもガクブル状態。

ブチん...

  • 父:停電か。ロウソクとマッチあるかー?
  • 母:探してくるね
  • 妹:おかーさん、どこ行くの!? わたしも連れてってー(泣)

妹はパニクって母にピタッとくっついてました。暗いリビングで灯るロウソクの明かりが、心細く感じるひとときでした。

朝までに台風いなくなってるとイイな... そう思いながら眠りにつきました。

恐怖の飛来物

夜が空けようとしたその時でした!

ガタガタガタ...グォォォオッ!
ピュウゥゥウッ!バンッ!ガコン!
ピシッ...パリィィィィィイン!!ガチャアァァァン!!

(゚Д゚)!?
家族一同、飛び起きる!

  • カモくん:ねぇ、なんの音?(ヽ´ω`)
  • 父:ガラスが割れた?風呂場か!?(゚Д゚)
  • 妹:ぐずっ、おうちこわれちゃうの...(´;ω;`)

風呂場に駆けつけると、窓ガラスが粉々になっていました。床には瓦が散乱していました。飛んできた瓦がガラスを突き破っていたのです。

家から出たら死んじゃう!子供ながらに台風の怖さを思い知りました。朝になって、近所のあちこちで瓦が飛ばされて、屋根にブルーシートがかかっていました。

瓦は隣の家から飛んできたらしく、現場に立ち会ったお隣さんは「あー、これはうちのだわぁ。ごめんなさいねぇ。これは弁償させてもらいますわ。」とあっさり弁償を申し出てくれました。台風のせいなのに、仲の良いお隣さんには、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

平成26年の台風19号

強い台風19号と聞いて昔のことを思い出してしまいました。現時点(2014年10月10日)の勢力を見ると...

瓦が飛んできた(平成3年の)台風19号より強いじゃないかー\(^o^)/

広告を非表示にする