読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まわりみち(仮)

迷子ともいうけどキニシナイ

「村上さんのところ」を読んで、村上春樹の文章に魅せられた...

読書 日本語・文章術
小説をあまり読まない僕でも、村上春樹の名前くらいは知ってる。「1Q84」が流行ってたときも、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が売れたときも、へぇ売れてる作家なんだ。程度にしか関心がありませんでした。   

村上春樹訳の海外文学

彼の著作は読んだことはないけど、海外文学の訳ならある。サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」とカポーティの「ティファニーで朝食を」の2冊です。  

キャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション)

キャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション)

ティファニーで朝食を

ティファニーで朝食を

   
訳が原作からかけ離れてるわけでもなく、忠実だと言われてるらしい。読んだ印象はセリフが現代的で情景描写がやや細かいのかな?と受け取りました。

クセのある文章じゃないけど、特にすばらしいほどじゃないかな。それが去年までの村上春樹のイメージでした。   

村上春樹の連載で


がネット上で話題になっている。 ふーん、そうなんだ。あ、でも、はてブでブクマ数そこそこあるのは気になるな。読まずにあーだこーだ言いたくないし、読もう。 

わかりやすい文章だ...  

質問者に答える、よくある企画なのだけど、とにかく理解しやすい文体だと思った。それでいて示唆に富む一言がまた響く。  
「どれだけこっぴどく批判されても、何もつくり出さずに批判だけする側に回るよりは、何かをつくり出して批判される側に回る方が、まだいいよな」と思えるはずです。   批判に対する心構えとは - 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイトより引用
引用元は「批判に強くなるにはどうしたらいいか」という質問の回答です。ここのくだりだけで電撃を喰らいました。

普段から「批判だけする人にはなりたくない」と僕は思っていて「批判するよりも作る方が大変だから」と考えていました。

って、大したことない思考だよなと、文章にするのも恥ずかしい...。似たような意味合いでも、村上春樹が文章にすると重みがぜんぜん違うなと痛感しました。なにか真理のようにも感じられた。

そう、そういうことを言いたかった。自分の文章力じゃ言えないもどかしさを、サラッと連載で書ける村上春樹の文章がスゴイなと目の当たりにしました。 

質問の回答が僕の思考と重なるたびに、心に響きまくりだよ... 

村上文学へのいざない

連載コラムで味わったような衝撃は、村上作品にもあるのかもしれない。これから村上文学に飛び込もう。そんな決意になってしまいました。
広告を非表示にする