まわりみち(仮)

迷子ともいうけどキニシナイ

入院の日々(11日目)

トイレなしの熟睡

病院の生活に完全に慣れたのか、21時には強烈な眠気が...。ベッドに横になり、呼吸器つけて眠りに落ちました。

次に起きたのが夜中の3時ごろ。 息苦しさでマスクを外してさらに2時間睡眠。目を覚ましたら朝の支度でにぎわう病室でした。

呼吸器つけて6時間も寝れてたことに驚き。途中でトイレに行きたくなることなく朝までぐっすり。毎日こうだといいのにな...

屋上へ散歩

久しぶりに車椅子を操作して、フロアをウロウロ。他の病室の雰囲気。ナースステーションで記録作業とコールに追われる看護師さんたち。

毎日、病院の日常が過ぎていくんだなと感じました。そうこうしていると、気さくな看護師のおねーさんから「屋上に散歩いく? 少しだけね♪」と散歩に誘われました。

いざ屋上へ。
あっぢぃ...照り返しすんごい。

それでも丘の上からの眺めが気持ちよかった。裏山の緑と町の向こうに見える海。病室に閉じこもってたから、開放感に酔いしれました。

そういえば屋上の自動ドアが手動に。 看護師のおねーさんの話だと、猿が出没するらしく、屋上から侵入防止のために手動にしてあるとのこと。

裏山にサルいるんかい!とびっくら(ノ∀`)

広告を非表示にする