読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まわりみち(仮)

迷子ともいうけどキニシナイ

とある「初心者向けブログ論」に関する雑感

よくある、ブログ論はそっ閉じしてしまう。

  • 毎日更新...
  • PVを上げて広告収入が云々...
  • タイトルが肝心...

○○すべきと言われてブログ書いてたら肩がこる。もっと気楽な考え方はないものか...と思っていたら見つけてしまった。

お約束のブログ論と真逆のことを書いてる!どれも納得できるブログ論だし、ハードルも低い。これならブログやれるかも...

印象に残ったくだりと、思ったことをつらつら書いてみました。(内心、名の知れたブログへの言及にガクブルってます...)

PVについて

1PVの後ろには1人の人間がいる。 誰かが読むからこそ書いている。 1PVを単なる数字やアフィリエイトの単位だと捉え出したらいろいろ狂い始めてる。 数なんていずれついてきますよ。 のんびり行きましょうや。

「うわー今日のPV、5しかないじゃん(悲)」と嘆くのも失礼な気がしてきた。確かに1PVの向こうには読んでくれる人がいる。

PV数ばかり追ってブログ書いたら息苦しくなる。「オレのブログなんてツマラナイんだな」って自己嫌悪に陥りそう。

ならウケ狙いでなく、書きたいこと記事にして、読者を徐々に増やしていきたい。その方が楽しそう。

言及について

誰かが書いた記事をソースに自分も何かを書く。 それもブログの楽しみの一つだし、ひとつ意見が出てそれを中心にいろんな人が意見を出す。 そう言うブログ同士のコミュニティができあがってくるとブログの楽しみも増える。

どっかのブログ記事を補助線に、そこから自分の意見を書くのもひとつのやり方だよね。

普通に記事を書けば自己完結+はてな人脈の分だけ広がる。言及すれば他ブログの書き手を介してもっと拡散される可能性もある。

あとは言及ひとつで「○○さん、記事読んだよ!」と伝えることもできるしね。ブコメより伝えたいことをたくさん書ける。

横の繋がりをつくる意味でも活用しようかな。

更新回数について

自由気まま、気の向くまま、書きたいときに書きたいものを書く方がよほど面白いものが書ける。

このスタンスに激しく同意。書きたいこと、書きたいときに綴るのがブログ...な気がする。

更新回数が多ければ人目につく機会は増える。 でもその分、中身が希釈されるのは避けられない。

うん。たくさん更新すればいい...というほど単純ではないよね。

僕にも経験があって。当ブログで大相撲の場所中15日間×6場所、毎日更新してるんだけど...。

体調や日によっては筆が進まなくなるんだよね。内容が贔屓力士の結果だけ、なんてイマイチなこともある。

まさに更新が増えれば「中身が希釈される」って表現が当たってるなぁ、とコクリ。

文章力について

みんな大好き文章力。

オレのことかぁ\(^o^)/

むかし、文章の勉強したい!とブログで意気込んでおいて頓挫した身なので...勉強の勉強で満足しがちなトピックではあるよね。

文学賞に応募するわけじゃなし。 それなりに書ければ充分。 (中略) きくはない。 読み返しておかしなことがあれば直しましょう。 書きたしたければ足せばいい。 個人のブログは、そんなもんです。

書きながら、その都度直し、加筆しつつ向上していく。それが文章の訓練になるのかも。モノ書きになるわけじゃないけど、ちゃんと伝わる文章は目指したいね。

意見について

ブログで記事を書くと言うのは、不特定多数の他人に自分の書いたものを見せると言うこと。

そりゃあいろんな意見が返ってくる。

似たようなことを堀井憲一郎の「いますぐ書け、の文章法」でも言っていたなぁ。

いますぐ書け、の文章法 (ちくま新書)

いますぐ書け、の文章法 (ちくま新書)

  • 文章を書くことは己を晒すこと
  • 個人的な意見を書いてなんぼ
  • 反論があろうが書く。文章を書くときはこの心持ちで

不特定多数に向かって己を発信するってことは、当然反論や批判もある。書く以上はそういう反応も覚悟の上で。って心構えを持て。ってことだよね。

キツいブコメをつけられたことって、何度かある。凹むし、はぁ?(゚Д゚)と言いたくなる。けど、発信したのは自分だし、厳しい意見も...うまく対処できるようになろう。

嫌われる前に、まず好かれるもの、評価されるものを書いてから言え。

胸に突き刺さる名言。

ブログ書くなら好かれる、評価されるコンテンツを発信できるようになりたい。簡単なことではないけど、腐らずにエントリ書いてブラッシュアップ!の心意気を持てるようにしよう。

マイペースに、身の丈にあったブログ

一番のコツはなにもあまり気にしないことじゃないでしょうか。 (中略) 評価や数字なんて身の丈の合ったもので充分。 中身が向上してくれば自然と付いてくるものじゃないですかね?

「ブログってマイペースに、身の丈にあった評価、やり方じゃダメなの?」 と思うところがありました。そう考えるのはズレてんのかな...とショボン(´・ω・`)

そんな中「ブログ初心者が覚えておくと役立つ6つの考え方」まとめのくだりを読む。

「じゃあ、マイペースに身の丈に合うブログのやり方って、ズレてないんだ...」と背中を押された。

自分のできる範囲でブログを向上しつつ、楽しめばいいんだよね。モヤモヤが晴れた開放感から、ついつい長く書いてしまいました。

あざなえるさんの良エントリーに感謝です!以上、おしまい。

広告を非表示にする