まわりみち(仮)

迷子ともいうけどキニシナイ

間に合いました→第14回「短歌の目」12月

目次

1. おでん

本当は予定ないのに「飲み会」と
妻を忘れにおでん屋台へ

2. 自由

本選ぶ自由を手にし端末の
中身誰にもツッ込ませない

3. 忘

この仕打ち決して忘れぬいつの日か
別のかたちで報われるまで

4. 指切り

涙目とふくれっ面が指切りの
有無を言わせぬ不戦の誓い

5. 神

神拝み懺悔するのは腹痛の
罰受けこもるトイレ中で

テーマ詠「冬休み」

取り掛かる年賀状はアナログな
自筆手作りプリントごっこ

***

毎度のことですが、今回も苦戦しました。「おでん」「自由」「指切り」が浮かばなくて。頭脳労働したせいか、布団に入るや即爆睡したくらいです(笑)

「神」なのに、俗な歌になってしまった...また、かの場所で懺悔します。

広告を非表示にする