読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まわりみち(仮)

迷子ともいうけどキニシナイ

【大相撲2017】3月場所ふりかえり(前半戦)

大相撲

横綱・三役

横綱、盤石の試合運び

初場所で初優勝、横審の満場一致で新横綱に昇格した稀勢の里。2年前から相撲を観ててよかった!!と思える快挙の瞬間でした。

今場所から横綱として挑む15日間。重圧でまばたき増えたり、ガチガチになりませんようにと願っていましたが…中日を終えて思い直しました。

強い。盤石。
とにかく落ち着いていて、確実に勝ち星を重ねてる。慌てたり、攻め急いで自滅するかつての稀勢の里ではありません。

下半身は常に前へ前へと攻める相撲をしながら、上半身は腕をうまく使った守り & 差し手争いに勝つ。特におっつけ、絞り、腕を返す、腕を使った攻守が強い。これで相手の得意な形を作らせません。

土俵際に追い詰められても逆襲できたり

  • 2日目の正代戦
  • 7日目の御嶽海戦

先に差されても、相手の差し手を切る守りから、横綱が得意な形(左四つ)に持っていけたり。

  • 4日目の蒼国来戦
  • 5日目の勢戦

すごかったのは中日の松鳳山戦。

もろ差しを許すピンチで土俵際に追い込まれる。そこから体を振って差し手を切る!横綱が左小手を巻きつけて松鳳山が右に倒れる…と思いきや。反対の右腕をぐいっと相手の顔に押し込んで、土俵に叩きつける!小手ひねりが炸裂!きせのんドヤ顔。その決まり手知らんかったよ。

貫禄の8連勝! 攻めも受けもソツない。どっしり構えて柔軟に対応できている。横綱に昇格してさらに強くなってて嬉しいな。堂々の8連勝で負けなし。後半戦もこのまま突き進んでくれー!

まさかの白鵬休場

場所前の稽古で稀勢の里と本気の6番(4勝2敗)を組んだりで、やる気満々の白鵬。新旧横綱の熱い一番を心待ちにしてたのに…

4日目で2勝2敗で不本意な戦いぶりに、5日目で早くも休場という残念な結果に。場所前で痛めた右足を、さらに悪化してしまったとのこと。右母趾*1ねんざと、右ふともも筋の損傷を負ってしまったそうです。

去年から怪我がちになっているのが心配です。

早くも2敗の2横綱

うーん。なんかピリッとしない日馬富士鶴竜。何かの因果なのか、大関復帰に必死の琴奨菊に敗れているし。これ以上負けると優勝争いから脱落しちゃうから、踏みとどまってほしいね。

絶好調の高安

兄弟子の稀勢の里が「高安を大関にする」と頼もしい発言をしてから、稽古に気合いが入ってるそうです。

驚いたのは立ち合いから炸裂するかち上げの破壊力。

  • 5日目は正代を「パチン!!」と激しいかち上げでふっ飛ばして瞬殺。
  • 6日目はガタイもパワーも上回る照ノ富士をかち上げでノックバック!
  • 7日目は蒼国来をかち上げでのけぞらせて快勝。

ここまで無傷の8連勝。ひょっとしたら優勝決定戦で稀勢の里と当たるなんて展開もあるかも…

怪力相撲復活!好調の照ノ富士

6日目は高安に不覚を取ったけど、ここ数場所見られなかったた怪力相撲が戻ってます。

照ノ富士を得意にしていた嘉風を、強烈な当たりで圧倒したり。豪風を必殺!吊り出しで豪快な相撲を見せつけたり。ケガ前の照ノ富士に近いよコレ。

7勝1敗と見事な成績。無敗の稀勢の里を猛追して、壁として立ちはだかりそうな予感。

琴奨菊、絶対に負けられない一番がそこにはある

無念の大関陥落の琴奨菊…復帰には10勝が条件のシビアな場所。

得意のがぶり一本で攻め続けるしかない! 迷いなし!潔い攻め!で2横綱を破る好調で6勝2敗。なんとかあと4勝してほしいな。

4連敗のち休場の豪栄道

初日は幸先良く白星も、まさかの4連敗とふがいない成績。悲しいことに6日目に休場となってしまいました。右足関節外側靭帯損傷とのことで、来場所はカド番…

明暗分かれる関脇、小結

関脇の玉鷲は5勝3敗と白星先行。これから上位陣と当たりますが、3勝して勝ち越してほしいところ。

若手の期待株な御嶽海と正代。三役にスピード出世してノッていますが、格上の壁に跳ね返れて苦戦しています。ともに3勝5敗。

白鵬に土をつけた正代は伸びしろがあるだけに、後半の巻き返しに期待したいです。

前頭

贔屓の勢、嘉風は…

勢 1勝7敗
通算3個目の金星を白鵬からGetの勢。きわどい判定も果敢に前に出る攻めが功を奏しました。がっ!それ以外は全敗という不本意な内容。番付上位になると勝てない病が。負け越しリーチだけど巻き返せるか…

嘉風4勝4敗
動きにキレがあり、懐に入りさえすれば勝てるのが嘉風の強み。一進一退でトントンの成績。あとちょっとで勝てそうだった6日目の日馬富士戦は、すごく悔しかったなぁ。とほほ。

好調の栃煌山

怪我が癒えたのかな? 栃煌山の相撲がキレッキレ。7勝1敗とあと1つ勝てば勝ち越しと絶好調です。うまくいけば優勝争いに食い込めるかも!

気になるW千代

どっちが国? どっちが翔馬? 九重部屋の千代シリーズを覚えられねぇ。気がついたら二人とも6勝2敗と好成績。

中日の荒鷲戦で、千代の国が決めた美しい「とったり」が印象的でした。一方の千代翔馬は宝富士戦。土俵際で放った掬い投げが逆転の一発でシビれました。 後半戦から取り口や性格をチェックしたい二人だなぁ。

後半戦の展望

稀勢の里が全勝街道を突き進むのか!それとも高安が並走して、同部屋同士の優勝決定戦が実現する可能性もあり。

その独走まった!と照ノ富士が新横綱の独走を止める展開も熱いね。2敗と出遅れるも、日馬富士鶴竜にもまだチャンスはあるかも。一つも負けられないけど。

後半戦も目が離せません!力士たちの奮闘を見守りたいと思います。

*1:親指のこと

広告を非表示にする